自分が元気じゃないと、始まらない

カーブスサンシパーク桑名店 お客様の声

自分が元気じゃないと、始まらない

カーブスコーチ
カーブスコーチ
昭和が大好きなひろこさん。高倉健さんのファンで、ロカビリーとロックンロールがお気に入り。会話がとても楽しく、いつもコーチたちを元気にしてくれます。
ひろこさん(58歳)

カーブスサンシパーク桑名店(三重県)
【入会の理由】
 つまずくことが増え、ひざが痛み始めた
【目標】
 ずっと成長し、ずっと青春すること

ひろこさん
ひろこさん

カーブスは私を生かしてくれる場所。ここへ来ると自然体でいられます。この空気感を作ってくれるコーチに感謝しています。

つまずきとヒザの痛み。どうしたら・・・

カーブスサンシパーク桑名店

数年前から仕事中や家でも時々つまずくことがあり、ひざにも痛みが出ていました。

どうしたらいいだろう…と悩むことも。そんなもやもやした気持ちの中で偶然、サンシパーク内を歩いていたところ、カーブスの体験案内をしていたんです。

実は、カーブスのことはオープンした時から気にはなっていました。

いつもなら私は来ない時間にこの偶然。これも何かのご縁かもと思い、初めてカーブスの体験をしました。

そこで、私が今抱えている足の不安を話すと
つまずくのは、筋肉が弱ってヒザが上がらないから。筋肉がつけば痛みもやわらぎますよ。」
と、とても分かりやすく説明をしてくれました。
そして「運動をした方がいいですよ」と。

その場で即入会を決めました。

カーブスに通い始めて3年ですが、今ではつまずくことも、ひざに痛みが出ることもありません

「ただいま!」カーブスは私が帰る場所

カーブスサンシパーク桑名店

私は介護の仕事をしています。今はコロナの影響などもあり、通う回数を減らしていますが、普段は週に3回から4回は通っています。

でも、最初からそんなに頻繁に通えたわけではありません。カーブス入会後、すぐに母の介護が始まりました。せっかくカーブスに入会したのに…。

退会しようとコーチに相談すると
「来られる時でいいから、焦らなくていいから」と言ってもらいました。それで私の中で何か吹っ切れたのでしょうね、「続けよう」って。

会社からカーブスへ行くには、家を通過してきます。疲れているときや気持ちが焦っているときは「もう家へ帰ろう。今日はカーブスを休もう」と思う気持ちと、「いや、カーブスへ行こう!」という気持ちが葛藤するときもあります。なんとか「休みたい」気持ちを抑えてカーブスへ。

そういうときこそ「来てよかった」と感じる何かが待っているんですよ。
カーブスに来ると気持ちがすっきりする。楽しいし、気を使わなくていいので、私にとって「帰ってくる場所」。

だからいつも「ただいま!」と言って入ってきます。

私の仕事もカーブスのコーチの仕事も、「人を生かす」という部分では一緒。自分が元気じゃないと人を励ますことができないし、自分が元気じゃないと始まらないんです。

だから疲れた時こそ「ただいま」と帰ってきてコーチから元気をもらっています。

まだまだ成長 まだまだ青春

私はまだまだ人生を楽しみたい。お友達とランチをしたり旅行へ行ったり、やりたいことも遊びたいこともたくさんあります。

「笑顔は最大の化粧なり」ということばが好きで、いろいろな人に話しています。いつも笑顔を絶やさなければ、化粧なんていらないんですよね。

それから、100歳を超えた方に
『もう』と『まだ』は使いよう。『もうと思えば下り坂 まだと思えば上り坂』
と教えていただいたことがあります。

「もう年だから」ではなく「まだ58歳」と思えば、何でもできると思うんです。ポジティブに生きていると、運が向こうからやってきます。

こんな私でも、実はカーブスに入るまでに1年くらい迷いました。
仕事をしているから忙しいし、続けられないかもしれないと、できない言い訳を考えていた時もありました。でもやってみれば楽しいし、楽しいから続けられる。

カーブスで元気をもらって、まだまだ成長して、青春を楽しみたいと思っています。

こぼれ話

ひろこさん
ひろこさん

実は私…カーブスに通うようになって、筋肉がつき体重が増えました。健康を維持するための適正な体重なんでしょうね。食事にも気をつけ、苦手なお肉も食べられるように。カーブスマガジンで読んだことを仕事で生かしています。

タイトルとURLをコピーしました